3

神護寺(ジンゴジ)

多宝塔春季御開帳 021
春は5月13日~15日に多宝塔の特別拝観として、五大虚空蔵菩薩像を御開帳(10時~15時。通常拝観料500円+拝観料500円)。カヤの一木造りの各尊は乾漆で彩色され、奈良時代から伝わる木心乾漆像の技法が堪能できる。
かわらけ
境内の売店で売られている素焼きの皿(2枚100円)を展望広場から錦雲峡に向かって投げて、厄除けを行う「かわらけ投げ」。今ではあちこちのお寺でかわらけ投げが体験できるが、神護寺はその発祥の地として知られている。

基本データ

【料金】 拝観料大人500円
【住所】 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
【電話】 075-861-1769
【営業】 拝観9時~16時/無休
【駐車場】 嵐山-高雄パークウエイ内の高雄大駐車場は無料